インプラント・入れ歯

  • HOME  >  
  • インプラント・入れ歯

インプラント

インプラント

虫歯や歯周病、不慮のケガなどで歯を失ってしまった場合、そのまま放置していると見た目が良くないだけではありません。咬み合わせの乱れによって、からだの様々な部分に影響を及ぼすことがあるのです。早めに歯の機能回復を目指しましょう。

歯の機能を補う治療にはインプラントやブリッジ、入れ歯があります。こちらでは、自分の歯のような見た目と機能を再現できるインプラント治療についてご説明します。安心安全なインプラント治療は、大森駅徒歩50秒の歯医者、おおもり北口歯科へご相談ください。

インプラントのメリット・デメリット

インプラントのメリット

インプラントとは、歯を失った箇所にチタン製の人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上にセラミックの人工歯を装着する治療法です。まるで天然の歯のような美しい見た目と自然な咬み心地を取り戻すことができます。

インプラントを顎の骨にしっかり埋め込むため、固い食べ物でも思いきり咀嚼(そしゃく)して食べられます。また、ブリッジなどと異なり、健康な歯を傷つけることはありません。

インプラントのデメリット

インプラント治療では顎の骨に人工歯根を埋め込むための外科手術が必要です。からだへの負担が大きいので、全身疾患によっては治療できなかったり、埋め込むための顎の骨の量が不足している場合には適用できなかったりします。

また、保険の入れ歯とは異なる自費治療のため、費用は高額で、治療期間も長くかかります。さらに、埋め込んだインプラントを長く快適に使うためには定期的なメインテナンスも必要です。

安心安全なインプラント治療を行っています

インプラントは手術を必要とする質の高い治療であり、高度な技術と安全な治療環境が求められます。当院では、常に研鑽を積んでいるスキルの高い歯科医師が、最新機器を用いて精密な検査を行い、安心な治療をお届けできるように心がけています。

また滅菌対策をしっかり行って、院内感染が起こらないように注意しております。難症例につきましては昭和大学との連携も可能ですのでご安心ください。

インプラント治療の流れ

インプラントは保険適用外の高額治療であり、手術も必要で身体的にも負担が大きくなります。当院では患者さんに納得して治療を受けていただけるように、分かりやすい説明を心がけています。ご不明な点がございましたら、ご納得いただくまでご質問ください。

STEP.01
カウンセリング(無料)

当院では患者さんとのカウンセリングを重視しています。初診時に、治療費用や治療期間など患者さんのご要望をしっかりおうかがいした上で、歯科医師からインプラント治療について丁寧にご説明しています。カウンセリング時には簡単な口腔内検査も行っています。

STEP.02
精密検査

手術をともなうインプラント治療は、綿密な準備が最も大切です。顎の骨の位置、開口量など詳細な情報を得るためのCT検査などを行います。必要な場合にはインプラント治療前に虫歯や歯周病治療を行うこともあります。

STEP.03
手術

基本的には歯周パンチを行い、顎の骨にインプラントを埋め込んでから、無縫合で行います。

STEP.04
治療期間

インプラントと骨がしっかり接合するように、2~3ヶ月の治療期間をおきます。

STEP.05
人工歯の作製と装着

口腔内の型を採り、患者さんの色や形に合わせた人工歯を作製します。見た目や咬み心地を確認しながら、インプラントに人工歯を装着します。

STEP.06
メインテナンスと定期検診

半年~1年に1回程度の定期検診を受けて、インプラントや人工歯の状態、咬み合わせなどを確認しましょう。また、インプラントを長持ちさせるには、口腔内を衛生的に保つ必要があります。正しいブラッシングで、お口の中を清潔に保つように心がけてください。

・安心の保証システム
3か月に1度の定期検診を受けていただくことで、永年保障いたします。

インプラント治療メニュー

インプラント
手術基本料
(1本 10年保証、ガイドシステム付)ストローマンシステム
250,000円 インプラントは顎の骨にボルトを埋め込み、その上に被せ物を製作する治療法です。骨とボルトを結合させるために外科手術をおこないます。当院では、世界の歯科業界でシェアされているストローマン社製のインプラントを採用しております。また、1本あたり10年の保証を用意しております。
上部構造アバットメント+被せ物1本 150,000円 インプラントは骨の中に埋める「インプラント体」、被せ物を装着する「アバットメント」、「上部構造」で構成されています。上部構造とアバットメントは、インプラント体とは別料金でのご案内となっております。インプラントで使用できる被せ物の種類は審美性の高いセラミック製のものや金属など様々です。
検査診断料 15,000円 インプラントを実施できるか否かを決めるために歯科用CTやレントゲン撮影をおこない検査します。顎の骨の厚みやインプラントの埋入方向の決定などインプラント治療において重要なことが多いです。検査をしっかりとおこなうことでインプラントの予後に大きな影響を与えると言っても過言ではありません。
~オプション~
静脈内鎮静法 60,000円 静脈内鎮静とは、血管内に鎮静薬を注入することをいいます。身体への侵襲が大きい処置の際に、患者様にかかる負担を軽減させる意味でおこないます。静脈内鎮静は高い効果が得られる反面、全身麻酔と同水準の設備や技術が求められます。
GBR 100,000円 顎の骨に厚みや高さが不足している場合に骨増生術(GBR)をおこないます。骨を増やすためには自家骨や骨補填剤を置き、その上にメンブレンという人工膜を設置します。メンブレンによって、歯茎など軟組織が侵入しないため骨だけが増生することができるのです。
骨移植 50,000円 骨移植とは、骨の再生療法の一つです。インプラント手術をするためには、十分な骨の厚みと高さが必要になります。顎の骨が歯周病や加齢が原因で溶けてしまうとインプラントが適用できません。そこで、上顎や腸骨の一部を採取して骨を増生させたい部位へ移植します。
ソケットリフト(1か所) 50,000円 ソケットリフトとは、上顎に適用される骨再生療法の一つです。上顎にある上顎洞の下底へ人工骨補填剤を入れて、上顎洞底の底上げをおこないます。骨補填材の量で骨の厚みが変化します。骨補填剤が完全に骨に置き換わってからインプラント手術をおこないます。
サイナスリフト(1か所) 300,000円 サイナスリフトとは、インプラントを適用したい部位と上顎洞との距離が近い場合におこなわれる骨再生療法の一つです。ソケットリフトは、上顎洞を押し上げる治療法でしたがサイナスリフトは少し違います。上顎洞の下底にある粘膜を押し上げて、スペースを作り骨補填剤を注入する治療法です。

入れ歯

入れ歯

入れ歯(義歯)治療は、歯を失った場合に歯の機能を補う方法として、もっとも一般的な方法です。自分に合った入れ歯を作製すれば、快適な咬み心地を取り戻すことができます。

しっかり咬める入れ歯を検討されている方は、土日祝も診療している「おおもり北口歯科」へご相談ください。当院では新規の作製だけでなく、「入れ歯が痛い」「しっかり咬めない」「すぐはずれる」など、入れ歯にお悩みの方にも対応しています。

入れ歯のメリット・デメリット

入れ歯のメリット

入れ歯のメリットは、取り外しができること、外科手術が不要なこと、修理が容易なことなどがあります。また自費の入れ歯を作製することで、「目立ちにくい入れ歯」「はずれにくい入れ歯」など、ご要望に合わせた入れ歯を選択することが可能です。

入れ歯のデメリット

入れ歯は固定せず毎日取りはずすものなので、日々のメインテナンスが必要になります。また使い続けていると次第にずれてきて、調整や作り直しが必要になることもあります。

入れ歯メニュー

入れ歯(保険適用)
部分入れ歯(歯が残っている場合) 3000円~ 歯の1本欠損から1本残存まで幅広い症例で使用できるのが部分入れ歯です。部分入れ歯は床と人工歯とクラスプと呼ばれる金属から構成されています。初めて部分入れ歯を製作するという患者様にも、入れ歯の着脱の仕方・管理の仕方を丁寧に指導させていただきます。
総入れ歯(歯が全部ない場合) 8,000円 ご自身の歯が全て抜けてしまった場合に総入れ歯を製作します。総入れ歯はインプラントと異なり外科治療が不要ですが、毎日のメインテナンスや噛み合わせの調整が必要となります。初めて使用される方にも着脱方法や日頃のお手入れの仕方について指導させていただきます。
入れ歯(自費)
バネのない入れ歯(1歯~3歯) 1床 150,000円 部分入れ歯で残存している歯にかける金属のバネがない入れ歯を「ノンクラスプデンチャー」と呼びます。ノンクラウスプデンチャーは金属のバネがないため、審美性の高い治療といえます。製作方法などは保険診療の入れ歯と大きく変わらないです。
バネのない入れ歯(4歯~) 1床 200,000円
コバルトクロム 1床 330,000円 コバルトクロムは、金属の中でも強度が高いことで有名です。強度のある材料を使用しているため、保険診療で製作される入れ歯の1/3の薄さに設計できます。また、金属は熱伝導性が良いです。飲み物の温かさや寒さを感じることができるため食事の楽しみも増えます。
チタン 1床 350,000円 チタンは身体に優しい金属で、金属アレルギーの心配がほとんどないです。また、軽くて丈夫な性質があります。同じ金属でも他の金属と比べて軽い入れ歯を作ることができます。さらに、入れ歯は薄い設計にできるため違和感の少ない入れ歯を作ることが可能です。
マグネットデンチャー 1床 1本30,000円+金属床 お口の中に残存している歯へ金属のバネを使用せず、マグネットで固定する入れ歯がマグネットデンチャーです。残存している歯の表面に磁性のある金属を装着し、入れ歯には磁石を埋め込んでいます。磁力が落ちることはなく、お口の中で安定しているのが特徴です。
コンフォートデンチャー 1床 15,000円 コンフォートデンチャーとは、お口の粘膜と接する部位を柔らかい生体用シリコーンというクッションで覆った入れ歯です。歯茎と接する部分が柔らかいため、入れ歯を使用している間に痛みを感じることが少ないです。